「デジタルシフト」と「新しい働き方」の情報発信源【Leverage-SHARE】

「デジタルシフト」と「新しい働き方」の情報発信源【Leverage-SHARE】

知る学ぶ創る相談する

土・日・祝日以外
24時間以内にご連絡します
button_contact

「お金2.0」時代は「資本」ではなく「価値」を中心とした「価値主義」の時代へ

私達にとって身近な存在であるお金。しかし「お金とは何か?」と根本的な質問をされると、答えに詰まる方は多いと思います。生活に欠かせないものでありながら、突き詰めて考える機会は意外と少ないです。そんなお金について真正面から切り込んだ「お金2.0」という書籍が話題を集めています。新しい経済のルール「お金2.0」要点を独自の切り口で考察しました。

全く新しい経済システムの可能性

「お金2.0」おいて、経済システムとは人間が関わる物事を上手く回すための仕組みと定義されています。最初から完璧な経済システムは存在せず、1つの経済システムに寿命が来たら別のシステムに移動する仕組みが持続的に発展する条件と言われています。完全に分散した経済システムとしてビットコイン、ブロックチェーンがあげられます。一見すると新しい技術の成果のように見えますが、実際は分散化という潮流の一部です。

既存の経済システムは中央集権型の構造を有していました。しかし、現代に適合しているのは分散化するモデルでしょう。今後は、AI化に伴う自動化が進み分散化と合わさった自立分散する仕組みを構築することが次世代の成功モデルになると言えます。全く新しい経済システムが一般化する時代が来ると予測されているのです。

資本主義経済の限界

圧倒的に物が不足していた時代に誕生した資本主義。どんどん物を作ることで豊かな経済の発展を促してきましたが、物が余るようになった現代においては、時代に合わない経済システムになりつつあります。生まれた時から資本主義の中で育っていると当たり前のように感じますが、資本主義は所詮一つの経済システム、又格差を生み出すデメリットが叫ばれています。

「ではこれからの経済とはどのようなものか?」を考えた時、考えるポイントを与えてくれるのが「お金2.0」です。書籍の中で著者の佐藤航陽氏は、これからは可視化された「資本」が中心の世界ではなく、資本に変換されるまえの「価値」を中心とした「価値主義」の時代になると推測しています。

お金とは、価値を資本主義の中で使える形に変換しただけの、価値を媒介する選択肢の一つに過ぎないことを喝破していることも特徴的です。みなさんはお金に対してどのようなイメージをもっていますか?キャッシュレス化が確実に進む中、お金はただの道具(ツール)であると考えています。お金2.0を読んで改めてお金=道具に過ぎないという実感が深まりました。ベーシックインカム」が導入されれば、今強力に働いているお金の魅力は失われる可能性が高いです。

価値主義の社会では、複数の経済システムが並存しえます。私達は、どの経済システムを選ぶかさえ、選択することができるようになるのです。

これからは価値を上げるために働く

これからの世界は、自分自身に価値があることが発展の条件となりつつあります。価値がある人ならば、どの経済システムを選んでも何とでもなりますこれまでは企業単位で行っていたブランディングや事業戦略を個人レベルで行っていく必要があります。

もっとも、最初から難しく考えすぎる必要は一切ありません。自分自身が他人に価値を提供できるほど情熱を傾けられることを見つけ、伸ばしていくことが有効と言えます。自分なりのスタイルが確立すれば、熱狂的なファンが付きます。競争相手すらいません。近年、藤井聡太四段も学んだとされる興味をとことん伸ばす「モンテッソーリ教育」が評価されていますよね。まさに、自分自身の内なる価値を他者に提供できるレベルにまで伸ばすことが、時代に適合していると言えます。

まとめ

資本主義の限界が見え始め価値主義に移行しつつあります。新しい経済システムが複数誕生し、並存する多様性(ダイバーシティー)の世の中において、価値主義は、これまでお金にならなかったことに、莫大なお金を生み出す力を秘めています。肩書きなど捨てても、どこでも個人で価値を上げていく生き方こそが今後ますます求められてきます。

The following two tabs change content below.
LeverageShare編集部

LeverageShare編集部

これからは「個人」と「会社」が共に輝き成長する時代です。 「Leverage Share」はシェアする時代の新しい仕事づくりを支援します。 奪い合うのではなくて分かち合う、そんなきっかけとなる記事を投稿していきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さらに学びたい方はこちらもどうぞ

さらに知りたい方はこちら 仕事を創りたい方はこちら 直接相談したい方はこちら
知る  創る  相談する



LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

banner_member     banner_creator     banner_money