「Webサービス」と「人財」の情報発信源【ビジネス創発メディア】|レバレッジシェア

「Webサービス」と「人財」の情報発信源【ビジネス創発メディア】|レバレッジシェア

知る学ぶ創る相談する

土・日・祝日以外
24時間以内にご連絡します
button_contact

成功のカギは「量」より「質」の発想にあり!

成功のカギは「量」より「質」の発想にあり!

生き残るために必要なこと


「質」を重視したサービスと「量」を重視したサービス。どちらが生き残れるでしょうか。情報ツール(ソーシャルメディア・SEO)を駆使したマーケティングは「見せかけ」となり、その評価はどんどん下がってきました。どんなに一生懸命にサービス提供をしても、ユーザーに求められている内容とズレていれば、最終的には見向きもされません。

求められているコト・モノ(需要)を理解し「質」の良い情報を提供するようにしたいものです。せっかく時間をかけて準備したのに、ただの無価値な情報と思われてしまうのは何としても避けたいですよね。

一方的に情報を押し付ける「スパム・マーケティング」の手法は限界を迎えました。これからは「価値ある情報」でユーザーの心をがっしりと掴んでいく必要があります。価値ある情報を与えて「損」をすることなど、絶対にないのです。目の肥えたユーザーは中途半端な質をすぐに見破ります。「量」より「質」という発想を忘れなければ、あなたは成功できます。その理由を見ていきましょう。

「選ぶ」時代から「選ばれる」時代へ


studyblog008_1まず、ユーザーの立場で考えてみましょう。受け取りたいと思う情報はどんなものでしょうか。ブランド・コミュニケーションの専門家、Jeff Chapman氏は「人々は私たちが言うことなら何でも聞いてくれた時代から、自分の時間を捧げても良いと思う面白いコンテンツにしか耳を貸さない時代にシフトしています」と述べています。

たくさんの情報が溢れる中で、サービス提供者がユーザーを「選んでいた」時代から、ユーザーに「選ばれる」時代へと変わりました。ユーザーに価値(面白さ)を見つけてもらわなければ、コンテンツを見たり聞いたりして受け入れてもらう「時間」を獲得できないのです。

ブランド・イメージを落とさずにユーザーの心を掴みたいというのが、企業や経営者の本音ですよね。インターネットが広く普及し、情報は「いつ」でも「どこ」でも「誰」でも閲覧できる時代となりました。では、「自分にとって価値がある」と思えるものにしか反応しないユーザーを確実に掴めるのは、一体どんなコンテンツでしょうか。

「タダ」から生まれた成功例


最近は無料で使えるサービスが爆発的に増えてきましたね。価値あるものはそれなりの値段、という常識が崩れました。楽しめる場所や便利なサービスは無料でどんどん開放され、たくさんの人を集めることで広告収入を得る時代になりました。最初は「タダ」で提供したものが、後の大きな「収益」を生み出します。ユーザーが自分で選択できる「課金」の仕組みも大きな利益に繋がります。

押し付けているのではなく、自分で選んでもらうような仕組みが作られました。まさに、ユーザーに「選ばせた」ということもできるでしょう。コミュニケーションツールとしては、フェイスブック、ツイッターなどの SNSが挙げられます。電話料金を払わずにタダで連絡が取れるラインやスカイプは実に画期的なサービスですよね。動画視聴サービスのユーチューブでは、気軽に世界と繋がることができます。街中でも多くの人が隙間時間にゲームを楽しんでいますよね。

こうした手軽なゲームアプリも「タダ」から生まれた成功例です。そして、学びたい時や困った時に役立つ豊富なコンテンツも、無料で提供されるようになりました。与えることは最終的に大きな利益となって返ってくるという、幾つかの成功例が見えてきました。

心を掴むための「学び」


studyblog008_2押し付けられるのを嫌う人は多いですが、新しい情報や楽しい話、面白いことであれば積極的に知りたいと思うはずです。そして面白ければ確実に引き込まれ夢中になります。

コンテンツが良ければマネタイズ(収益化)の方法は色々と考えられるのです。ユーザーに価値ある情報を提供し続けることができれば、確実に利益に繋がります。損をすることなど、絶対にあり得ないのです。


知る」「学ぶ」「創る」のシェアードメディアは、価値ある情報を提供し、共有した情報をもとに成長できるような「環境づくり」を目指しています。個人が自分のビジネスを持って活躍することが当たり前の世の中になるように、ポータルを通して情報を提供していきます。情報の共有から実践へ。自ら行動に移せるインフラを我々がハブとなり担っていきます。
The following two tabs change content below.
LeverageShare編集部

LeverageShare編集部

これからは「個人」と「会社」が共に輝き成長する時代です。 「Leverage Share」はシェアする時代の新しい仕事づくりを支援します。 奪い合うのではなくて分かち合う、そんなきっかけとなる記事を投稿していきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さらに学びたい方はこちらもどうぞ

さらに知りたい方はこちら 仕事を創りたい方はこちら 直接相談したい方はこちら
知る  創る  相談する



LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

banner_member     banner_creator     banner_money