「Webサービス」と「人財」の情報発信源【ビジネス創発メディア】|レバレッジシェア

「Webサービス」と「人財」の情報発信源【ビジネス創発メディア】|レバレッジシェア

知る学ぶ創る相談する

土・日・祝日以外
24時間以内にご連絡します
button_contact

「デジタル化」の波を確実にとらえるべき理由とは?

「デジタル化」の波を確実にとらえるべき理由とは?

情報を「選び」適切に「分析」する能力


情報を必死に探す時代は終わりを告げました。今は、溢れる情報から「必要なものを選ぶ」能力が問われる時代になっています。ビジネスに役立つデータは今後もますます増えていくことでしょう。膨大なデータを抱えているだけでは意味がありません。得られたデータを「分析」し適切に「処理」することではじめて、データに「意味」をもたせることができます。

これを人の手だけで行うのは、もはや限界に来ていると言えるでしょう。データ分析は、得意な人と苦手な人が見事に分かれる分野です。例えば、同じデータベースを基にしても、そこから得られる考察は人によってかなりの差が出てしいます。データ分析は苦手でも優れたクリエイティブの能力を持つ人にとって、自分の得意な創造的なアイディアなどを披露する前に、大部分の労力を奪われてしまうということもあり得るわけです。

データ分析を「デジタル化」することで、非常に効率よくマーケティングを行うことが可能になります。膨大な情報を「選び」「分析」するためにはデジタルツールの助けによるデータの「可視化」が必要です。

 データの可視化(ビジュアライズ)の重要性


データの可視化

「Tableau(タブロー)」という世界中で広く用いられている分析ツールを例に挙げてみましょう。Tableauは、得られたデータを可視化して、次にとるべき行動を示してくれます。誰でも簡単に操作できる為、高度な分析を行うための専門的な知識や経験を必要としません。

これにより「作業時間」を効率化し「個人的な能力差」に伴うリスクを減らすことができます。分析をデジタル化することで、より「創造性の高い作業」に時間を充てられるようにすることが最大のメリットです。全体を瞬時に把握し様々な比較をすることが可能である為、クライアントが必要としている情報を迅速に示し適切な提案を行うことも可能になります。「分かりやすく」「手軽な」分析ツールは、データを可視化する際にも、最適なビジュアル化を提案してくれます。図表などはどうしても個人のセンスが問われてしまう部分ですが、このデータならこの示し方、というように蓄積されたデータから論理的に、グラフィック上の工夫についても教えてくれます。

個人の経験や能力に依存していた部分(データの示し方)をデジタル化することで、「分析結果」「解釈」「図表の示し方」などのバラつきも抑えることができます。個人の「勘」や「経験」に左右されていた部分を無くし、誰もがデータを手軽に可視化できるようになれば、それぞれが持つクリエイティブな能力をさらに引き出すことにも繋がりますね。優秀なデジタルツールによってローコスト・ハイリターンはもはや「知る」ことによって確実に有利な情報になりえます。

 デジタル化で得られた「情報」を「共有」「発展」「進化」させる


デジタル化で得られた「情報」を「共有」「発展」「進化」させる

様々な切り口での分析をあっという間にビジュアル化してもらうことで、自分の「ひらめき」を掴まえておくこともできます。頭の中で溢れるアイディアを全て蓄積することが可能になります。そのようにして得られた「既知」と「既知」の知識を結びつけることで新たなアイディアが突然生まれだします。

人間の脳に入る情報の80%は「視覚」から入ると言われています。データのビジュアル化によって得られた脳への刺激は「インスピレーション」になります。これは、新たなアイディアを生み出すきっかけにもなることでしょう。データ分析をデジタル化せず、人間の勘や経験で行い続けていたら…結果は言うまでもありませんね。あっという間に競合他社に負けてしまいます。デジタル化の波に乗らなくては、競争のスタート地点にも立てないのです。

クリエイティブな作業にかける時間を増やそう!


クリエイティブな作業にかける時間を増やそう!

人間の「勘」や「経験」は非常に重要です。しかし、その「勘」や「経験」さえもデータになる時代です。データ分析から得たい情報は思い切って「デジタル化」してしまう方が効率的です。先述のTableauを例に挙げれば、既に世界で約3万9000社に導入されています。日本においても多くの企業がこの分析ツールに注目し始めています。

膨大なデータの「管理」「分析」「可視化」をデジタル化し、よりクリエイティブな作業に時間をかける方が、他社に打ち勝つ斬新なアイディアを練る時間も得られますよね。デジタル化の波に乗り遅れることは、企業や経営者にとって命取りになります。

消費者の意思や気持ちの理解が遅れてしまえば、消費者のニーズに合わせたサービスが提供できません。今こそ、既存の組織体制からの変革が必要なのです!最新の分析ツールにも積極的に注目していきましょう!
The following two tabs change content below.
LeverageShare編集部

LeverageShare編集部

これからは「個人」と「会社」が共に輝き成長する時代です。 「Leverage Share」はシェアする時代の新しい仕事づくりを支援します。 奪い合うのではなくて分かち合う、そんなきっかけとなる記事を投稿していきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さらに学びたい方はこちらもどうぞ

さらに知りたい方はこちら 仕事を創りたい方はこちら 直接相談したい方はこちら
知る  創る  相談する



LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

banner_member     banner_creator     banner_money