「Webサービス」と「人財」の情報発信源【ビジネス創発メディア】|レバレッジシェア

「Webサービス」と「人財」の情報発信源【ビジネス創発メディア】|レバレッジシェア

知る学ぶ創る相談する

土・日・祝日以外
24時間以内にご連絡します
button_contact

会社から「個人」へ 働き方への概念が大きく変わる時代

会社から「個人」へ 働き方への概念が大きく変わる時代

働くという基準が未だ会社勤めであると思われている日本。
しかし、その働き方は、今大きく変わろうとしています。

会社から「個人」の時代へ

現在、日本で働いている人の多くが会社勤めであり、1つの会社に長くいればいるほど給料アップや昇進につながるような体制の中で働いている人がほとんどではないでしょうか。

しかし、最近インターネットの普及により新しい働き方が出てきました。時代の流れを変える火付け役となったのは「クラウドソーシングサービス」インターネットを利用して不特定多数の人に業務を発注したり、受注者の募集を行うことができるサービスです。このサービスを利用すれば、比較的安価に1つの作業を社外の人間へ委託することができます。

見方を変えて仕事を受ける側としたら、会社へ行かずとも、パソコン1つで得意分野の案件をどんどん仕事にしていくことができます。今までだったら会社に行っていない=ワーキングプアへとつながっていましたが、今は会社に頼らず、個人で仕事に取り組む環境が整いつつあります。

「会社」という束縛が多い場所よりも、「個人」にとっての幸せを優先しながら仕事をしていくという働き方が、時代の流れとマッチングし、このような働き方を選ぶ人が増え、それに伴い社会的にも求められるようになってきたということになります。

時間ではなく「成果」が働く基準となる

このような新しい働き方の特徴は、報酬が労働時間に応じて支払われるのではなく、成果に応じて支払われるというところ。なんとなく日本人には長時間働くことが偉い、といった風潮が未だありますが、どれだけの時間をかけて仕事をしたかは問題ではなくなってくるということです。そうなれば、無駄な残業代もなくなり、結果として人件費の削減につながります。今後、正社員はほとんどおらず、業務委託や契約社員がほとんどといった会社も増えてくるはずです。

「個人」の自己管理能力が求められる

では、「個人」としての働き方が主流となった場合、社員であれ外部委託であれ、どのような能力が求められるようになるのでしょうか。優秀な人材であればあるほど、様々なところから声がかかる時代となり、複数の組織に所属したり、複数の案件を抱えたりするようにパラレルキャリアが普通に存在する仕事がどんどん増えていくでしょう。そういったところで重要とされるのが「自己管理能力」です。

自ら勉強しキャリアを作ってアピールをしたり、仕事を取ってくるといった積極性と、スケジュール管理などの事務的なこともすべて自分で行っていく必要が出てきます。

会社内でもフリーランスでも、今後必要とされる人材は、自分のことは自分でできる人材ということになります。反対に言えば、会社側は今後、自己管理ができる人材を育てることを重視していく必要があるということです。

まとめ

「個人」で働くことが当たり前となる時代はすぐそこまで来ています。今後、企業も個人も双方が幸せになる環境を作ることが、より良いビジネスを生むカギとなるはずです。

The following two tabs change content below.
LeverageShare編集部

LeverageShare編集部

これからは「個人」と「会社」が共に輝き成長する時代です。 「Leverage Share」はシェアする時代の新しい仕事づくりを支援します。 奪い合うのではなくて分かち合う、そんなきっかけとなる記事を投稿していきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さらに学びたい方はこちらもどうぞ

さらに知りたい方はこちら 仕事を創りたい方はこちら 直接相談したい方はこちら
知る  創る  相談する



LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

banner_member     banner_creator     banner_money