「Webサービス」と「人財」の情報発信源【ビジネス創発メディア】|レバレッジシェア

「Webサービス」と「人財」の情報発信源【ビジネス創発メディア】|レバレッジシェア

知る学ぶ創る相談する

土・日・祝日以外
24時間以内にご連絡します
button_contact

「消費者のデジタル化」に対し企業が打つべき手とは? <全2回①>

「消費者のデジタル化」に対し企業が打つべき手とは?  <全2回①>

「デジタル革命」を理解する


People Team Working Together Ideas Tablet Concept

■消費者のデジタル化は、企業側の革新を圧倒するスピードで進んできている。

それを受け、本来は企業経営の根本からデジタル化する必要が生まれています。消費者変化が基点となるだけに、そこではマーケティング部門が重要な役割を担います。米国ではコンサルティング会社によるエージェンシー買収の動きが話題になるなど、デジタルマーケティングが経営の重要なファクターになる時代、多くの企業がこの領域に進出し始めています。

それだけ世界的規模で動き出している「デジタル化」国内に警報を鳴らす意味も込めて、「デジタルシフト」の必要性と求められる資質を参考資料を交えて提言します。

国内のマーケットもあらゆる分野にデジタル技術が取り入れられるようになり、めまぐるしい変化が日常的なものとなってきていますね。顧客もどんどん成熟し、サービス・スピード・パーソナライゼーションへの欲求もかなり目立つようになってきています。

しかし、これは序章にすぎないことを理解しておかなければなりません。このような時代においては、新しいテクノロジーを積極的に知り、使えるものをどんどん取り込んでいくための対策や機敏さが必要です。世界最大級の総合コンサルティング企業『アクセンチュア』は、世界中に広がる「デジタル」というトレンドについてグローバル調査を実施しています。

今回ご紹介するのは、2015年10月から12月にかけて世界11か国、3、100名超の経営・IT経営層を対象とした調査結果を基にした情報です。デジタル経済が世界のGDPにおいて占める割合は、今から10数年前(2005年時点)では、ほんの15%でした。しかし、2015年の時点では22%にまで成長したことが明らかになっています。

この割合は今後もさらに増加し続けることが予想されており、2020年には25%に到達すると考えられます。「インテリジェンスの時代」と呼ばれる現代において、企業にはテクノロジーの活用以外の視点や取り組みが求められています。それは一体何でしょうか?

主役は変わらない


■デジタル時代であっても忘れてはいけないこと。それは主役が「ひと」である、という点
スクリーンショット 2016-06-02 12.13.28
「デジタルテクノロジー」の活用だけで満足していては、成功を手にすることはできません。デジタル時代の勝者となった企業は、「ひと」が鍵であることを理解しています。先進事例から見ても【「デジタルテクノロジー」+「ひと」】という勝利の方程式が存在しているわけです。


新たに登場し続けるテクノロジーを原動力として、新しいビジネス戦略を練ることができるか。これまでの枠組みから飛び出してでも、成長や進化を楽しみながら受け入れることができるか、が問われています。テクノロジーという言葉が先行し、その本質を理解していない現実が事業会社側にはありすぎる為、釘をさして提言します。テクノロジーは現状をより良いものにするためのツールであり、ビジネスという闘いに必要不可欠な武器です。

それを動かすのは「ひと」であるということを決して忘れてはいけません。デジタルテクノロジーは、人の働き方までデザインすることはできません。あくまで中心は「ひと」であるべきなのです。「ひと」を主役に据えるためには、「ひと」が成長するための「投資・管理・支援」をビジネス戦略の中に含めていくことが求められます。

企業が成功を収めるためには、「ひと(消費者・労働者・エコシステムパートナー)」がテクノロジーの力を利用して、これまでよりも多くのことを達成できるような道筋を示していく必要があります。「ひと」が変化を受け入れながら、新たな状況について「知り」「学び」を深め、これまでにない解決策を「創り」出し、現状を変えていけるようなマインドチェンジ、組織変革が必要です。

企業文化を新たにデザインする


スクリーンショット 2016-06-02 12.17.42

デジタル時代においては、変化を前提とした行動が求められています。大きな変化は、時に「破壊的変化」と思えることもあるかもしれません。しかし、そのような変化をも進んで受け入れられる企業は実際に成功を収めているのです。

新しいことを始める前は、最初は誰でも抵抗を感じることでしょう。しかし、デジタル時代において、企業や経営者に求められているのは「デジタルバリューシフト」の考え方です。

新たな「スキル・プロセス・製品・働き方」が必要とされています。デジタルテクノロジーは企業の価値を確実に変えることができます。デジタルテクノロジーによって、企業の再設計、つまり企業文化を新しくデザインすることはもはやこれからは必須です。「デロイト」や「アクセンチュア」など大手のコンサルティング会社は、デジタルエージェンシーを買収する動きが顕著になってきています。もはや経営には「デジタル」の力が必要だからこその先行指標と見ていいでしょう。

続きの記事では、デジタル時代に求められる具体的な姿勢、打開策について詳しくご紹介していきます。
The following two tabs change content below.
LeverageShare編集部

LeverageShare編集部

これからは「個人」と「会社」が共に輝き成長する時代です。 「Leverage Share」はシェアする時代の新しい仕事づくりを支援します。 奪い合うのではなくて分かち合う、そんなきっかけとなる記事を投稿していきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

さらに学びたい方はこちらもどうぞ

さらに知りたい方はこちら 仕事を創りたい方はこちら 直接相談したい方はこちら
知る  創る  相談する



LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

banner_member     banner_creator     banner_money