「Webサービス」と「人財」の情報発信源【ビジネス創発メディア】|レバレッジシェア

「Webサービス」と「人財」の情報発信源【ビジネス創発メディア】|レバレッジシェア

チームではたらく、すべての人に プロジェクト管理ツール Backlog

チームではたらく、すべての人に プロジェクト管理ツール Backlog

サービスのおすすめポイント

企画  スケジュール管理から課題管理、進捗管理が見える化

価格  ベーシックプラン¥2000円〜 30日間無料お試し

利便性 WEB上でプロジェクトを一元管理

サービス紹介

・Backlogとは?

よいコラボレーションを生み出すにはチームメンバー間のコミュニケーションが不可欠です。他のツールにはないコミュニケーション機能でBacklogチームメンバー間のコミュニケーションを促進しプロジェクトを成功へと導きます。Backlogのおすすめポイントを挙げていきます。バーンダウンチャートを使えばプロジェクトの進捗状況を理解できます。お勧めの一つです。2つ目のおすすめポイントは、スター機能でコミュニケーションが取れる事。三つ目は、メールでもバックログの最新状況をお知らせして貰える事。 Backlog

サービスの特徴

・特徴の一つが、楽しみながら仕事するです。

バックログの特徴は仕事を楽しくするためのツールであること。プロジェクトを立ち上げた場合、バックログを使う例を挙げます。誰が状況を更新したか、アイコンが表示されます。横にあるスターボタンを押す事で、相手とコミュニケーションをとる事が可能です。親しみやすいアイコンは目的を明確に導き、楽しみながら仕事ができる工夫があります。アBacklogで用意されているアイコンは300以上はあります。自分でオリジナルのアイコンをアップロードすることが可能です。楽しみながら仕事の状況を理解する。そんな仕事のパフォーマンスを考えたサービスです。

編集部より一言

・注目はバーンアウトチャート

「今どれくらい進んでいるのか」「期限までにあとどれくらいで終わるのか」が、一目で確認できるグラフです。課題登録時にマイルストーンを設定すると自動で作成。課題を完了するとバーンダウンチャートに反映されるので、常に最新の進捗状況を把握できます。マイルストーンまでの残りの作業量の推移を、理想線、予定線、実績線、3つの右下がりの折れ線グラフで表示。計画線と実績線の差分を見ることで、次のマイルストーンまでの進捗状況が一目で分かります。計画線より実績線が大幅に下に表示されている場合は、予定より仕事が進んでいる証。その際は、一番課題を多く完了させたメンバーを称える褒めメッセージが表示・共有されます。誰の仕事が一番生産性が高かったのか?それは当然称賛に値しますね。活用次第でモチベーションもコントロールも可能ですね。

http://www.backlog.jp
The following two tabs change content below.
LeverageShare編集部

LeverageShare編集部

これからは「個人」と「会社」が共に輝き成長する時代です。 「Leverage Share」はシェアする時代の新しい仕事づくりを支援します。 奪い合うのではなくて分かち合う、そんなきっかけとなる記事を投稿していきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

より詳しく知りたい方はこちらもどうぞ

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

banner_member     banner_creator     banner_money